育児と家事の合間のヨガ・脱毛通いで心身共にリラックス

私は山形県に住む主婦です。

ヨガに通おうと思ったきっかけは、これといって特に運動していなかったので、何か生活の中に運動を取り入れようと考えたとき1番ハードではなく楽にできそうな運動だと思ったからでした。

それに、外でしなければならない運動ではないので天候の変化に関係なくできるし、コツを掴めば家の中でもできるだろうという軽い気持ちもありました。近所の文化センターでヨガ教室をしていると知り、通うことを決意しました。

ヨガというと私のイメージは座ったり寝たりという姿勢で、ゆっくり深呼吸してリラックスし、気持ちがいいとか楽だというものでした。でも、ヨガ教室に通ってみると私が抱いていたヨガのイメージとは少し違いました。

最初は、ゆっくり息を吸ったり吐いたりということを自分自身で実感できるような動作でヨガを始めるのですが、段々どんな風に息をしているのかわからなくなるくらい、ヨガポーズを取るのに必死になることもありました。

例えば、ヨガのポーズでよく見るのが、下を見た状態で両手をついておしりを山形にあげて三角形の形を作る姿勢。こんな単純なポーズでさえも、テレビなどで見るととてもリラックスしてやってるように見えますが、実際は手足がふらふらしたり、プルプルしてきたりして意外と大変なんです。

ヨガに通おうと思ったきっかけの1つでもあった「身体が硬い」という私の弱点も、やはりヨガのポーズを作るときに障害になることも多々ありました。ヨガだけは、他の運動と違って若ければ若いだけ上手とか、タイムが早いというような「若さ」で勝負できません。

とくに、私は前屈ポーズが苦手で「曲がらない・・いたたた」となっている隣で、私よりもはるかに年上の女性がタコのようにペタンときれいなポーズを取っていて、敗北感を感じたこともありました。でも、わたしのような人でもヨガはやればやっただけ徐々に身体は柔らかくなっていきます。タコのようにはなりませんでしたが。

ヨガに通い始めたころは、ちょうど子どもが幼稚園に通い始めた頃だったので、育児と家事の合間に通いました。育児も家事もストレスが溜まりますが、ヨガはリラックスできたり、血行が良くなって肩こりがよくなったり、心身共にバランスを保つのにとても良かったと思います。

あと最近は脱毛に通うようになりました。ヨガで肌を露出するので、前々からやってみたかったんです。このサイトで脱毛サロンを探しましたよ。⇒脱毛山形

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です