Home

新着お知らせ


oshirase-25.6.16-1.jpg雨葉の取水重視タイプを使った、
丸型タンクの組み合わせを紹介します。

oshirase-jyumoku26.9.6.jpg樹木・人工建造物集水ネットのコンパクトサイズをご紹介します。

oshirase-renketu26.8.4.jpg雨葉用のポリタンクをつなぐ部品をご紹介します

新着事例


jirei-ameha-26.6.18-2.jpg

雨葉ネット・取水重視タイプの最新の設置と
新しく実験を開始した雨水誘導装置です。


jirei-ameha-26.7.4-1.jpg

樹木集水ネット・人工建造物集水ネットの設置状況と
電柱などに取付した場合の提案紹介です。

よくある質問


faq_q.gif

雨水は腐るので、シーズン中しか使えないですよね!と聞かれます。


faq_q.gif

スカスカのアミではなく、シートを張ればたくさん雨水を集められるのでは?


faq_q.gif

アミを張って、ほんとうに雨水が貯まるの?どれくらい取水できるの? 

プリント メール

いつまでも元気で畑作業を続けていただくために…あめはネットがお手伝い。

ameha-top28.9.9.jpg















 

 

 
amehatop17eco.jpg


●雨水利用のしくみ

みなさんは雨水を活用していらっしゃいますか。
この数年、局地的な集中豪雨により日本各地で被害が出ていますが、雨水を上手に活用すれば水の被害も少しは抑えられるのではないでしょうか。

日本建築学会から出版されている「雨の建築学」「雨の建築術」「雨の建築道」には雨水との付き合い方、暮らし方の知恵と工夫が書かれています。雨ときちんと向き合い、上手に付き合っていくことにより、良好な環境をつくりだすことができます。
雨葉ネットは親水性のあるネット素材を使用。畑・山中・住宅での雨水活用のほか、遮光率51~70%と日よけも可能。日よけ集水道具の一つとして、みなさまに喜んでいただけるよう実験をしながらがんばっています。

■日々の実験と活動のようす
■お客様の設置例(一部)のご紹介

■あめはねっとのブログ


amehatop-taitoru001.jpg ●屋根などがない畑や山中にネットを張り、雨を集水できたら。

雨水簡易集水ネット「雨葉」は、腰を痛めた両親が畑に水を運ぶ重労働を緩和させたいという思いから開発した集水装置です。高齢者でも簡単に設置できるサイズにもこだわり、一つ一つ丁寧に手づくりしています。(取水重視タイプ、強風重視タイプ)
強風を考慮しながらも、雨水を集めたいという発想から集水面の素材はネット(網)を使用。逆三角形の頂点から取水し、ネット上のごみも集めきれいな水が貯まります。

●水を得にくい場所での重い水運びを解消します。

自家菜園や山中の畑などに水を運ぶのは重くて大変重労働です。また、井戸水や水道水を使わなくても自然の恵み雨水を利用してはいかがでしょう。水を得ることが難しい高山のトイレなどにも便利です。

●すぐにたくさんの雨水は貯まりません、シーズンオフにゆっくり貯水。

雨葉は強風を考慮しネットを使用しています。雪が降らなければ一年中張ったままで取水できます。たくさん使う時期のためにゆっくり貯水していただけるよう提案しています。※ネットに雪が積もりますのでご留意ください。※80~90度で設置すれば、高山では雲をつかまえて雨水利用ができると考えています。

amehatop-taitoru002.jpg ●日差しをやわらげ雨水も集めることができたら。

日よけ集水ネット「雨葉」住宅用は、暑い日差しを少しでもやわらげたい、住宅の縁側・部屋窓によしずの代わりにご利用いただいたり、店舗・事務所の日よけ集水として。また、自家菜園などの休憩所での日よけ集水、食品加工所の雨よけ・虫よけにも利用していただくようになりました。
ネットは、部屋の中も暗くならず風通しがよい素材です。遮光率は51~58%と半分くらいですが、2枚合わせの加工により70%程度までのネットが製造可能です。
近年の夏は30度を超える日が続きます。緑のカーテンが増えましたが、プランターには毎日の水やりが不可欠。ベランダやバルコニーで、日よけと雨水集水ができる雨葉ネットのオーダーが増え、設置されたみなさんに喜ばれています。

●新しい雨葉を実験中。

小さいサイズで風に強い、ベランダ・バルコニー・屋上などの手すり格子用やベランダの格子用で目隠しができる集水ネットなども実験中です



amehatop-taitoru003.jpg ●住宅のベランダで日よけができ、雨水も集めることができたら。

日よけ集水ネット「雨葉」ベランダ窓タイプ・窓すだれタイプは、暑い日差しを少しでもやわらげたい、ベランダで雨水を得たい方の要望で開発した日よけ集水装置です。
主に降りこむ雨を取水しますのでたくさんの雨を集めることはできませんが、ベランダのサッシ窓に取付し、すだれの代わりにご利用いただいたり、下部を手すりに取り付ければ雨の日はベランダに降りこんで来る少量の雨をキャッチし貯水できます。

※雨が降りこまないベランダは日よけのみです。

ネットは、部屋の中も暗くならず風通しがよい素材で、遮光率は51~58%です。2枚合わせも製造可能で遮光率は70%ほどになります。
※中が透けて見えますのでご留意ください。
また、手すり格子タイプ(ベランダ・バルコニー・屋上)も、ちょっぴり日よけ、ちょっぴり目隠し、ちょっぴり雨水利用ができます。






amehatop-taitoru004.jpg ●もっと簡単に雨水を集め活用することができたら。

樹木・人工建造物集水ネット「雨葉」は、樹幹流という樹木の幹を流れる水を分けてもらって利用します。手軽に持ち運びができるのが特徴で、樹木が雨を集めてくれるので何か面を広げる必要はありません。樹木のほか人工建造物(外灯の支柱、看板などの支柱)などに巻きつけ雨を取水します。
昔から沖縄地方や三宅島などの離島で使われていた集水方法 で、山などが低く川が少ない離島などで行われていたものを現代版にアレンジしました。
この取水方法は木から水を分けてもらいますが、木が貯える水の全部はとりません。活用しながらまた大地に返します。

●手作りでの販売(福岡産業デザイン賞審査委員特別賞(梅原真賞受賞)

雨葉は一つずつ手づくりしています。日よけネットは住宅のサイズ・取付方法が違いますので、お問い合わせでのオーダーメイドとさせていただいております。三角形の雨葉、樹木・人工建造物雨葉は規格サイズを販売中です。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

amehatop-taitoru0005.jpg ●ベッタ会の仲間。

 「ベッタ会」とは、3つのNPOと大学の研究者によって2007年に発足した任意団体で、地域の環境負荷低減に資する活動の実施、および地域社会の豊かさ創出への寄与を目的とし、「地べた」と「地道」をキーワードに環境に優しい暮らしを地域単位で着実にすすめる仕組みづくりを目指した活動を行っています。
ベッタ会の具体的な活動は、「モノを大切にする暮らし」を3つの要素(土・水・紙)から提案し、様々な情報を提供しています。NPOの専門知識と豊かな経験により裏づけされた手法で、顔が見える範囲でのネットワークをつくり、各家庭とその周辺の小さな地域で取り組む資源循環を実現しています。この資源循環を、ベッタ会では「小さな循環」と名づけています。この「ベッタ活動」により、生活ごみの80%を減らし、水環境を改善することができます。
このベッタ会活動の雨水部門として、一緒に活動しています




ameha-tp-iland28.8.jpg
ameha-to-psakasamin.jpg
amehatop-kurukuru25.11.6.jpg

ameha-top-hoikuen.25.9.25.jpg

amehatop-tanku25.9.13.jpg



amehatop-26.4.jpgamehatop-26.4.25.jpgamehatop-26.5.30.jpgamehatop-26.6.5.jpg続きを読む...
 

特長1 ネットだから風に強い

tokucyou1.pngたくさん雨水を取水するならネットではなく、シートを張ればいいですよね?しかしシートでは、風に弱いという弱点があります。風が吹くとバタバタと音を立てて破れたり、支えるヒモや支柱が切れたり折れたりしないかと心配です。「雨葉」の素材がネットなのは、風の影響を受けにくく、安全に雨水のみをキャッチするという理由があります。

商品について

特長2 一人で設置できる手軽さ

tokucyou2.png家庭菜園や山中にある畑や果樹園などでは、人手が足りない場合がよくあります。「雨葉」は高齢者の方でも一人で無理なく設置できる大きさにこだわりました。ネットは、177×176cm(約1.36㎡)の小型サイズです。手軽にお使いいただけます。

よくある質問

特長3 貯水容器は何でもOK

tokucyou3.jpg「雨葉」は、貯水する容器を選びません。例えば、バケツ、カメ、タルなど、すでにお持ちの容器や最近話題の雨水タンク、ホームセンターなどで手軽に入手できるポリタンクなど、何でも自由に組み合わせが可能です。ポリタンクを2つ、3つと簡単に接続できる便利な「ポリタンク接続キット」もご用意しています。いろいろな環境対応です。

使用事例

特長4 実用新案・意匠・特許登録済

tokucyou4.pngネットは、型取り・断裁・型押し・ハトメ部の補強を施し、しっかりと縫います。できるかぎり日本製の素材・部品を使用し、手づくりでご提供しています。雨葉は、特許庁の「実用新案・意匠・特許」登録済商品ですので安心してご利用ください。

お問合せ

最新 雨葉ネット設置

title-26.6.18.jpg

雨葉ネットの最新の設置と実験の紹介です。上の写真をクリック!

実験 樹木集水ネット

title-26.7.4.jpg

樹木集水ネットの実験紹介です。外灯の支柱用もあります。上の写真をクリック!

新 樹木集水ネット(コンパクト)

title-26.9.6.jpg

新しい樹木・人口建造物集水ネット(コンパクトサイズ)の紹介です。上の写真をクリック!

ネット販売 お問合せ

amehanet-hanbai2-26.6.jpg

ネット販売のお問い合わせはこちらへ。上のバナーをクリック!

重い 水運びを解消へ

title-26.7.27.jpg

いつまでも元気で畑作業をしていただくために、使うその場で雨を貯める道具の一つとして。上のイラストをクリック!

逆さ傘の取水装置

taitol-sakasagasa28.2.17.jpg

「逆さ傘」取水装置の商品と実験の紹介です。上のかさマークをクリック!

ポリタンク 連結キット

title-27.8.4.jpg

雨葉用ポリタンク連結部品の紹介です。上の写真をクリック!

新 取水器セット

title-26.7.17.jpg

雨水利用を始めようとお考えの方に、手作り雨水タンク取水器の紹介です。上の写真をクリック!

雨葉 取水実験ご紹介

ameha-toph27.11.10.jpg










お客様のご要望で雨葉の集水実験を再開しました。上のAMEHAマークをクリック。

2タイプ オーダー日よけ集水ネット

title-26.8.5-1.jpg

暑い日差しをやわらげ、雨も集める日よけ集水ネットの提案図をご紹介します。上の写真をクリック!

雨葉 実験等のご紹介

front-page-icon7.png雨葉の雨水集水実験活動等のご紹介です。その効果をお確かめください。データを見る

雨水活用Q&A

amehanet-siminnokai26.6.jpg

雨水市民の会がわかりやすく説明する雨水活用Q&Aです。上のバナーをクリック!

雨葉開発について

amehatop-26.8.12.jpg

国連ハビタットで発表した雨葉ネット開発の紹介です。上のバナーをクリック!

愛読書 現代農業

title-27.7.6.jpg

雨水活用のヒントとなる一冊。
上のバナーをクリック。

ご購入 お問合せ

image全国発送が可能です。ご購入のお問合せは、どうぞお気軽に。お問合せ

あめはねっとのブログ

amehanet-blog26.6.jpg

日々の活動などを紹介しています。上のバナーをクリック!

雨葉 ビデオ中継


雨葉 設置方法

雨葉設置方法の説明は、下記のリンクをご参照ください。 設置方法

雨葉 製品について

雨葉製品紹介は、下記のリンクをご参照ください。 雨葉製品

今日の 一票

雨葉のホームページを何でお知りになりましたか?
 

製造元・販売元 吉村デザイン工房

雨水利用をデザインします: 〒819-1323 福岡県糸島市志摩小金丸405-2 TEL & FAX 092-327-0205 

e-mail/ このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい  URL/http://www.ameha.jp

yoshimurad_logo.png